1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/[] 2017/04/22(土) 22:01:37.32 ID:CAP_USER.net
2017年4月19日(水)17時00分
松岡由希子

waterharvester-thumb-720xauto

太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスのプロトタイプ CREDIT: UC BERKLEY


<カリフォルニア大学バークレー校とMITの共同研究チームは、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集
するデバイスを開発した>

大気には、窒素や酸素などのほか、約1〜4%程度の水蒸気が含まれており、地球全体におけるその総量は
13兆リットルにのぼる。
では、これら大気中の水を効率的に集め、貴重な水資源として生かすことはできないだろうか。

カリフォルニア大学バークレー校とマサチューセッツ工科大学の共同研究チームは、2017年4月、
太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した。
砂漠のように湿度20%くらいの地域でも、1日2.8リットルの水を集めることができるという。

このデバイスには、MOF(金属有機構造体)と呼ばれる多孔性物質が応用されている。
MOFは、共同研究チームの一員でもあるカリフォルニア大学バークレー校のオマー・M・ヤギー教授が
1990年代に開発したもので、マグネシウムやアルミニウムといった金属イオンと有機分子を"球"と"棒"で
つながる"組立式ブロック"のように結合させることで、その構造体の内部に生じる空間に気体や液体を貯蔵
できるのが特徴だ。
とりわけ、ガス吸着や触媒、センサーへの応用が見込まれており、これまでに2万種類以上のMOFが生成されている。

動画:最初に紹介されているのがこの記事のデバイスです

ヤギー教授は、2014年、ジルコニウムとアジピン酸を組み合わせ、水蒸気を吸着するMOFを合成。
マサチューセッツ工科大学のエブリン・ワン准教授は、このMOFを太陽光吸収体とプレート式凝縮器で挟み
込み、大気から水を収集するデバイスを開発した。
夜間、デバイスを開いて大気中の水蒸気をMOFの無数の細孔から入り込ませ、水分子を内部に吸着させると、
昼間は、デバイスを閉じ、太陽光で熱することでMOFから水分子を分離させ、凝縮器を通じて水蒸気を液化して
水を集める仕組みとなっている。

現時点では、MOFが吸着できる水量は、MOFの総重量の20%にとどまっているが、共同研究チームでは、
ヤギー教授を中心にさらなる改良をすすめ、この割合を40%程度にまで向上させる方針だ。

世界保健機関(WHO)と国連児童基金(UNICEF)の共同プロジェクトによると、2015年時点で、世界人口の9%
にあたる6億6,300万人の人々が飲料水を日常的に確保できない環境下で生活しており、そのうちの8割が
過疎地の居住者だという。
MOFを応用したこの水収集デバイスは、送電系統とつながっていない"オフグリッド"な地域でも、気候を
問わず、必要な水を確保できるツールとして、大いに期待できそうだ。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7442.php










2 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/22(土) 22:06:40.99 ID:x6dntXaQ.net
タンスや押入れの湿気取りじゃだめか?

13 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/22(土) 23:15:33.11 ID:JX/lgn5v.net
>>2 
先に書かれた

7 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/22(土) 22:28:11.77 ID:xIcMEG5M.net
押入れの湿気取りは塩化カルシウム 集めた水を雑草にかけると枯れる 除草剤でもある

21 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/23(日) 01:50:19.26 ID:23GrBJSr.net
>>2>>7 
飲める水、という条件を考えるとダメだよなあw 

砂漠だと人間一人が1日6時間の野外の重労働をする条件だと 
水分摂取量は6リットルは必要なんだっけ 
米軍の調査なので、もっと体が小さくまた軍の兵站が不十分だった旧日本軍では根性込みで 
1日の水分摂取量を3リットルまで減らさせたみたいだなw 

>>1には1日で2.8リットルと書いてある 
そして現在は高分子吸収体の20%しか水を吸えないが、将来は40%に増やすと書いてある 
5.6リットルで、まあ野外労働5時間以上可能ってことになる 

飲用にできる水をいざとなったら絞りだせる吸収体であることに意義があるのか 

寒流が流れていて空気の水分量はそこそこでも雨が殆ど降らない地域というのが世界の中緯度の西海岸には多い 
いやアフリカだと東海岸すらそんな所がある(ソマリア) 
こういう地域だとこの装置は重宝するかな? 

何か連続使用したら装置が水カビ臭くなりそうだなw 
消毒の手順があるのか、あるいは買い替えさせて儲け続ける商法か

103 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/24(月) 10:26:58.12 ID:VFQhrUZd.net
>1日2.8リットルの水を集める 
これに必要な寸法とか質量書いてないのは、どーしてなんかな

104 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/24(月) 10:41:26.92 ID:YB9uY6bR.net
>>103 
箱の中の金属有機構造体だけの質量で1kg あれば2.8リットルらしい。 
写真の実験装置はもっと小さそうだから換算だろう 

Device pulls water from dry air, powered only by the sun 
ttp://news.berkeley.edu/2017/04/13/device-pulls-water-from-dry-air-powered-only-by-the-sun/


4 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/22(土) 22:08:58.71 ID:w0YxHECi.net
よくわからんけど凄いね

26 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/23(日) 03:51:11.75 ID:QqHndbSw.net
太陽光を使って、それを熱源として冷却器を動かして、空気を冷やすことで 
水分を集めて回収できないのかね? 
それにしても、砂漠地帯で、空気の湿度が0だったら、どうやってもだめだろうが。

28 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/23(日) 04:35:31.10 ID:7R3aro86.net
>>26 
砂漠の平均湿度は20%

32 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/23(日) 06:34:23.70 ID:5FJGrLTQ.net
日本の夏にやれば湿度が下がって過ごしやすい夏になるんなら大歓迎!

35 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/23(日) 07:15:41.10 ID:5vwMl6F9.net
水分を抜くことで、実際の温度や体感温度は上がるで良いかな? 
水分の凝縮熱が大気中に移されるということで。 

40 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/23(日) 09:49:28.35 ID:YL/w5LNm.net
ビニールの風呂敷とコップと小石ひとつでいいじゃん

72 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/23(日) 13:27:04.55 ID:8WwVfGXE.net
電力さえ確保できれば、塩害なんか気にせずに砂漠に海水を撒くだけで雨が降るようになると思うんだけど

43 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/23(日) 10:11:27.86 ID:CzNm46aZ.net
もちろん太陽光発電→コンプレッサでも水は取り出せるけど、こっちの方が小型化には向いてそう 
コスト面は後で考えることにして、耐久性はどうなんだろう

76 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/23(日) 14:53:35.71 ID:rRURROuL.net
電力が要らないなら補助的な物として需要はありそう 
除湿機としてメインに使うには効率が悪いと思うけどね 
水分を吸着するのは夜間だけだし

45 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/23(日) 11:53:47.22 ID:EkiDH9A9.net
大規模にやると近隣が砂漠化したり大気の動きが変わり大災害を招きそうな気がする

86 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/23(日) 20:32:57.26 ID:mU97rbML.net
そんなもので待機中の水分をすいまくったら 
地域全体で乾燥して雨が降らなくなってしまう。

105 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/24(月) 10:46:26.58 ID:uTh34QFr.net
これをさばくで使っちゃったら 
朝露なんかを利用する動物が集める水分が減ってしまうかも 
しれないから慎重にやってほしい

128 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/24(月) 20:57:47.08 ID:d4OQqdHT.net
>>105 
やさしいね

124 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/24(月) 18:47:31.04 ID:EsfQH98v.net
こういうのは小型化できないとあまり利点がない。 
大型なら普通にある、大型は量産できず、部品やら開発単価が毎回価格の主体となって 
部品原価から恐ろしく高い価格になる。

125 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/24(月) 19:41:36.81 ID:HOcZKFa+.net
>>124 
> 大型なら普通にある 
電気なしで動く奴なんてあったっけ?

88 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/23(日) 22:25:14.83 ID:2c8fhKkm.net
電気が要らないことが肝でしょ

132 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/24(月) 22:45:06.90 ID:nTYPYtwU.net
砂漠に海水まいて、太陽熱で蒸発、水集めたほうが・・・・ 

塩は「砂漠の塩」で・・・・・略

134 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/04/25(火) 04:01:16.14 ID:ST1rpGAY.net
水分子を選択的に吸着できるということは福一の汚染水処理にも応用できると思う 
トリチウムは分離できないかもだけど太陽光だけで処理できるのなら故障も少ないし 
周辺が高線量になっても稼働できそう

151 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/26(水) 22:15:03.15 ID:rXebpi2b.net
サボテンを植えておくのでは駄目なん?

152 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[] 2017/04/27(木) 13:18:23.64 ID:iJA6Vi1f.net
むしろサボテンが何の関係があるのか教えて欲しい

189 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/05/09(火) 16:15:45.55 ID:KCATsBTr.net
もしかしたら中東の戦争好きな連中も水さえあれば大人しくなるかもしれない、なんてね

198 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/05/27(土) 04:26:27.10 ID:lbvvkgAA.net
台風に撃ち込んで干からびさせればただのデカいつむじ風になるのか

200 : 名無しのひみつ@\(^o^)/[sage] 2017/05/30(火) 21:46:34.45 ID:2T3sTlcr.net
このなんていうかジョジョのスタンド能力みたいな感じな 
空気中にも水分はあるッ!って